ベンチャー大賞観覧者募集

観覧申し込みはこちらから
【満員御礼】健康医療ベンチャー大賞決勝大会の観覧者募集につきましては、満員御礼につきまして、募集を終了させていただきました。多数のご応募をいただき誠にありがとうございました。
またのお申し込みをお待ちしております。

申し込み期限:定員(200名)になり次第募集を終了させていただきます。
参加費
学生:無料
社会人:3,000円
ご興味のある方はどなたでも参加できます。

概要

慶應義塾大学医学部 健康医療ベンチャー大賞は多くのご支援を頂き、50を超える素晴らしいビジネスプランのご応募がありました。2度の熾烈な争いを勝ち抜いた学生、社会人それぞれ3チームが、1月28日(日)に開催の決勝大会でプレゼンテーションを行います。基礎研究や臨床研究に基づくビジネスプランはもちろん、人工知能やウェアラブルデバイス、遠隔医療など他分野の技術との融合が健康医療の問題をどのように解決していくのか、会場にお越し頂き、ぜひご覧ください。

日程

2018年1月28日 13時00分 ~ 17時50分

タイムテーブル

会場

慶應義塾大学三田キャンパス 北館ホール
慶應義塾大学三田キャンパス 北館ホール

参加費

学生:無料
社会人:3,000円
ご興味のある方は、どなたでもご参加いただけます。

申し込み締め切り

定員(200名)になり次第募集を終了させていただきます。

基調講演

本コンテストでは、ヘルスケアイノベーションに関わる大きな3つの柱である産・学・官それぞれの第一人者の方々をお呼びし、特別にシンポジウム形式の基調講演を開催致します。普段では決して聞くことのできない、貴重な機会だと思われますので奮ってご参加下さい。

<テーマ>

産・学・官と医学・理工・ビジネスの融合視点で健康医療ベンチャー創出を考える

<シンポジスト>

株式会社東京大学エッジキャピタル 郷治友孝氏

2004年4月UTEC創業以来、ユーテック一号エグジット投資事業有限責任組合(2004年7月~)、UTEC2号投資事業有限責任組合(2009年7月~)、UTEC3号投資事業有限責任組合(2013年10月~)の設立・運営を手がける。これまですべての投資委員会に参画し投資運用責任者として全案件に関与するとともに、投資担当者としてテラ(2009年3月JASDAQ 上場)、モルフォ(2011年7月東証マザーズ上場)、popIn(2015年5月M&A)など数々の投資先の社外役員に就任。

厚生労働省医務技監 鈴木康裕氏

昭和59年慶応大学医学部卒。同年厚生省入省。平成10年世界保健機関派遣、平成17年医政局研究開発振興課長、平成21年 厚生労働省新型インフルエンザ対策推進本部事務局次長、平成22年保険局医 療課長、平成24年防衛省衛生監、平成26年厚生労働省大臣官房技術総括審 議官、平成27年(併)グローバルヘルス戦略官、平成28年6月厚生労働省保険局長、平成29年7月より厚生労働省医務技監。

慶應義塾大学医学部教授 福田恵一

慶應大学医学部卒業、同大学院修了、国立癌センター研究所・米国ハーバード大・ミシガン大に留学、平成17年慶應大学再生医学教授、22年循環器内科教授。心不全、心肥大、心臓交感神経、心筋細胞の再生医学等の研究に従事。難治性重症心不全患者を対象としたiPS細胞を用いた再生心筋細胞移植の研究を展開。血液細胞からのiPS細胞樹立、高品質のiPS細胞作製、心筋細胞の純化精製等の技術を次々開発。2015年慶應大学発のベンチャーHeartseed社を設立。心臓再生医療の実用化に向けて産学連携を推進中。

慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授 中村 洋

一橋大学経済学部卒業後、1996年にスタンフォード大学経済学博士課程修了
(Ph.D.取得)。慶應義塾大学大学院経営管理研究科専任講師就任後、助教授を経て、2005年に同研究科教授に就任。慶應義塾大学医学研究科委員(現任)、医療科学研究所理事(現任)、医療経済研究機構委員(現任)、経済産業省や厚生労働省の委員(中央社会保険医療協議会〔中医協〕公益委員(現任)、同薬価専門部会部会長(現任)、同専門組織委員、同費用対効果評価専門組織委員長)、医療経済学会理事(現任)、「医療と社会」編集委員長(現任)、「組織科学」シニアエディター(現任)などを務める。

慶應義塾大学理工学部教授 山中直明

1983年慶應義塾理工学研究科修士卒。同年日本電信電話(株)NTT武蔵野電気通信研究所入社。以来、ネットワークの高度化技術を11名のみ選択される特別研究員等として研究開発を行う。2000年米国電気学会(IEEE)日本人最年少フェロー。2004年慶應義塾理工学部情報工学科教授、以降光ネットワーク、エネルギーネットワーク、自動運転の研究現在に至る。IEEE、電子情報通信学会最優秀論文賞他多数。理工学部産学連携拠点の慶應義塾先端科学研究センター副所長。

審査員

岡野栄之 氏  慶應義塾大学大学院医学研究科委員長/医学部教授
伊藤公平 氏  慶應義塾大学理工学部長/大学院理工学研究科委員長/理工学部教授
村井純  氏  慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科委員長/環境情報学部教授
河野宏和 氏  慶應義塾大学大学院経営管理研究科委員長/ビジネス・スクール校長/経営管理研究科教授
中村慎助 氏  慶應義塾大学大学院経済学研究科委員長/経済学部教授
古川俊治 氏  参議院議員、慶應義塾大学法科大学院教授
山岸広太郎 氏 株式会社慶應イノベーション・イニシアティブ 代表取締役社長
山田邦雄 氏  ロート製薬株式会社 代表取締役会長兼CEO

賞金・賞品

<賞金>

社会人部門: 100万円
学生部門: 30万円

<副賞>

  • ・慶應義塾大学医学部、慶應義塾大学ビジネス・スクールによるビジネスプランのメンタリング
学生部門 社会人部門

決勝大会進出チーム

(1)社会人部門

チーム名:プロジェクトM

プラン概要:本プランの目的は医療用ウジ虫から抽出される生理活性物質(マゴットエキス)を用いて、糖尿病や動脈硬化に伴う難治性足潰瘍による足の大切断を回避し、全世界の健康寿命を延伸することである。 プロジェクトM プラン概要

チーム名:OUI Inc.

プラン概要:スマートフォンに接続して全ての眼科診察を可能とする革新的デバイスを発明した。医療過疎地や後進国での遠隔診療や個人向けの医療相談ツールとして応用し、次世代の眼科診療を可能としたシステムを開発する。 OUI Inc. プラン概要

チーム名:AWCLE(アウクル)

プラン概要:VEGEPLAN(ベジプラン)はオフィス内の健康コンビニを目指した野菜スープなどを中心とした健康ランチと専用アプリを通じた野菜摂取を促進する食ジムトレーニングです。

(2)学生部門

チーム名:ACT

プラン概要:私たちはLGBT向けの匿名性を担保した遠隔診療サービス『Every Color』を提案します。13人に1人はLGBTとの報告がある一方で、LGBTは医療者にカミングアウトできていない現状があります。この壁を我々のサービスで乗り越えます。 ACT プラン概要

チーム名:Medical-e

プラン概要:高周波と電磁波の癌治療への応用 Medical-e プラン概要

チーム名:kampooh

プラン概要:朝一杯の漢方粥で、元気いっぱいのソサエティ

ライトニングトーク

本年度は惜しくも決勝大会への進出を逃したチームにも「ライトニングトーク」という形で社会人チーム4分、学生チーム3分のプレゼンテーションを行っていただきます。
決勝大会進出チームにも劣らない、数々のビジネスプランが紹介されます。

(1)社会人部門

encourage(エンカレッジ)

プラン概要:encourage(エンカレッジ)は、うつ病患者のご家族同士が、患者をサポートする上での悩みを匿名で相談し合ったり、うつ病患者の支援に携わる専門家からアドバイスが得られるコミュニティサイトです。

チーム名:i2lab

プラン概要:海外在留邦人は今や130万人超。しかし、慣れない生活で心の健康が脅かされる事も少なくありません。我々は精神科医とのWEB面接やデバイスによる計測を組み合わせ、駐在員等のメンタルヘルスを支援します。

チーム名:HeLPers(Healthy Life Planners)

プラン概要:「楽しく遊んでヘルスリテラシーを学ぼう!」自分や家族、地域の健康に関する情報を活用し、健康の意識を高めセルフマネジメントする力を身につけるボードゲームの作成。日本の医療問題を解決する今までにない発想。

(2)学生部門

チーム名:PCD

プラン概要:院内SNSアプリ

チーム名:救世部活バカ

プラン概要:深刻な少子高齢化問題を抱えている日本を救う事業です。未だ嘗てない状況を日本がどう解決するか世界が注目しています。少子化は食い止められる、高齢者も活躍できる。停滞した日本に新たな希望をもたらします。

チーム名:your health is my health

プラン概要:現実世界で健康的な生活を送れているほど、選手のパフォーマンスが上がる野球ゲームアプリ。他のアプリ使用者との協力プレイも可能だ。家族や友達など周りの人々を巻き込み、最強の野球チームを作ろう。

チーム名:"ワン"ダフル・デイズ

プラン概要:センサー技術による認知症介護犬。「認知症介護犬」は、認知症患者の日常生活を支援する介護犬。センサー技術を用い、毎年1万頭も殺処分されている保護犬を使うことにより、訓練を容易にし、価格を下げる。(イギリスの先行例は一匹400万円。)

観覧申し込みはこちらから
【満員御礼】健康医療ベンチャー大賞決勝大会の観覧者募集につきましては、満員御礼につきまして、募集を終了させていただきました。多数のご応募をいただき誠にありがとうございました。
またのお申し込みをお待ちしております。

申し込み期限:定員(200名)になり次第募集を終了させていただきます。
参加費
学生:無料
社会人:3,000円
ご興味のある方はどなたでも参加できます。